読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨシミ22歳のむつ市・下北半島近辺で待ってる

むつ市在住のヨシミ22歳は、以前、ネット界隈でそれなりに人気があったらしいですよ? 言い換えると、今は、人気が無いのです!

大間から函館へのフェリー航路

 というわけで、函館に行ってきたんですけれどもね。
 大間から函館までのフェリーを利用して、行ってきました。
 大間の人には便利な朝のフェリーの時刻なのかも知れませんが、むつ市から行くとなると、朝、早すぎます。7:00出港なので、それまでにフェリーに乗っていなければならなくて、ってことは乗船手続がその前に済んでいなければならなくて、ってことは…。と、フェリー時刻表に掲載されているとおりに逆算していくと、むつ市を出るのは朝5時では遅い、という事になりますね…。恐ろしいものです。
 大間の人が通院等で利用するのに便利な時刻を設定しているのだ、というふうには思いますが、朝4時台の出発は非常につらかったですね…。まあ、そんなものなのでしょう。
 フェリーの運賃は、東日本フェリーの頃は1200円くらいだったような…と思って行ったのですが、津軽海峡フェリーでは往復で3500円弱でした。それでも閑散期扱いで最安値なのだそうです。まあ、このへんはフェリーも新造されているので、快適さの分仕方ないのかな、とは思います。
 大間町の人が通院で利用する場合、助成金が出るそうです。
 そんなわけで、前回「ばあゆ」に乗ったのは2008年。今回は初の「大函丸」に乗ることが出来てよかった、と思いつつ、出航!
 さすがに、フェリーが大きいだけ揺れないのですが…。
 動いているのか動いていないのかもわからない状況で…朝早かったので、唐突に眠気が…。
 7:00に出航し、7:40に売店が閉店となり、8:30に函館のターミナルに着きます。たしかに、7:40頃にガラガラと閉店していたような感じで。売店の閉店が早いのは、何か訳があるのでしょうか…。
 8:30少し前にフェリーは着岸し、下船…。乗船の時は大間港のボーディングブリッジを使ったのですが、下船はボーディングブリッジではなくて、車両入口から徒歩なんですね…。
 8:45の函館駅前行きの連絡バスに乗り…と思ったら、バスが異様に混んでいてびっくりしました。満席です。
 とかなんとか言いつつも、朝9時には函館駅前に居ることが出来たので、よかったのではないでしょうか…。