読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨシミ22歳のむつ市・下北半島近辺で待ってる

むつ市在住のヨシミ22歳は、以前、ネット界隈でそれなりに人気があったらしいですよ? 言い換えると、今は、人気が無いのです!

ここで長生きをして何になるのか

 今日のブログに書くことは、いずれもあまり詳しくないので、思うがままに書くわけですけれどもね。
 昨今、青森県内では「短命県返上」とかいうキャンペーンが行われて久しいわけです。
 そもそも、長生きをするのって本当に幸福なのだろうか、と思います。特に敢えて言うのならば、ここ青森県で長生きをしてもいいことなんて無いのでは…? という疑念が消えないわけです。
 もっとも、短命だと言われているのは30代40代の死亡率に起因している部分もあるので、それだけでとやかく言えてしまうわけですけれどもね。そのくらいの若さだと、大抵の人はさすがに思い残すことも多かろう、という考えにつながるわけですけれども。
 それがクリアされれば、あとはいいんじゃないかな、というふうに思ってしまいます。
 「長生きしましょう」ではなくて、「死ぬ前の日まで元気で居ましょう」のキャンペーンのほうが効果的であったのではないか…というふうに思えます。私が勝手に思うには、突然死することになって、その瞬間に「あ、しょうがない、でもま、いっか。よかったよかった」と思えるか否か、というその一点に絞られるのではないか、というふうに思うのです。
 今のキャンペーンだと、「病気になって医療費が掛かるでしょ? 財政の負担も厳しいんですよ」とか、そういう意味にばかり受け取れる気がします。結局、「知らんがな」ということにもなります。「行政は我々の幸福のことを考えて居らず、カネのことばかりだね」という感じ。
 現状、そもそも、長生きしたところでの幸福が用意されていない、というのもあると思うのですが、どうなんでしょうね。特に青森県では。「ああ、私は逃げ切れる世代に生まれたかったなあ」「縮小していく社会を見たくは無かったなあ」と、そういうことを思うのですが、もうどうにもならない。
 すべては、あきらめの境地でございます。