読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨシミ22歳のむつ市・下北半島近辺で待ってる

むつ市在住のヨシミ22歳は、以前、ネット界隈でそれなりに人気があったらしいですよ? 言い換えると、今は、人気が無いのです!

渋滞で

 それは、4月29日のこと…。
 お買い物に出掛けた関係で、お昼過ぎ頃、国道338号バイパスを田名部方面から大湊方面に向かっていました。場所は、マエダ中央店から市役所のあたりに掛けて。
 …。
 謎の大渋滞…。
 こんなにも混雑するのは、それこそ年末くらいしか心当たりがない…。
 そんな感じの、もう、ものすごい大渋滞でした。
 どこかの信号でつっかえているのかな? と思ったんですけれども、市役所と警察署の信号のところで引っかかり。
 どうやら、これは…。潮干狩りを終えた皆さんがシャトルバスで市役所にやってきて、そして、市役所の駐車場から大量の車が吐き出され…。そして、道路が混雑しているという。
 さらに、その混雑した道路をストップさせて、シャトルバスを割り込ませるようにしているという。なるほど。まあ、シャトルバス優先ですからね。
 結局、渋滞はバイパスのほうの中央町の交差点のあたりまで、でした。

 そんな感じで、潮干狩りは盛況のようでよかったですね。
 りんご娘。の方もいらっしゃっていたようでしたし…。
 予想されていた雨も、そんなでもなかったようで。はっきり言って、天気予報は外れましたね…。
 NHKの東北地方のニュースでも取り上げられていましたし。
 まあ…。また来年、ということになるのでしょう。

 

大畑バイパスの桜が…

 もうそろそろ、桜の季節も終盤かな、と思ったのです。
 というわけで…。
 せめて車窓からお花見でもしようかな、と思いまして…。
 用事をつくって、むつ市大畑町に行ってきました。
 大畑町と言えば、大畑バイパスの桜並木ですよね。桜ロードって言うんでしょうか。毎年、本当に素晴らしい桜が咲き誇っているはずなので、いい感じだったらコンビニあたりにでもクルマを停めて…とか思って、意気揚々と大畑に向かったのです。
 …。
 ……。
 なんかね~。
 桜は咲いているんですけれども、いや、咲いていない木もありましてね。
 なんかこう…まばら。あまりにもまばらすぎる…。
 枯れた木に花が咲いていないのはわかるのですが、どう見てもこれは生きているだろ、という木に、エリアでまとまって花が何一つついていないものもありました。
 これは…どうしたものか…。
 思わず写真を撮る気力も無くなり、スルーです。
 どうしてこんなに今年はひどいのか…うーん、うーん。何がいけないのでしょうかね。気候なのでしょうか。わかりません…。あそこまで極端にまとまって鳥の被害、ということはないようにも思えます…。
 以前、ここのブログに「今年の桜は裏年ではないか」とか書いたのですけれども、まさにそんな感じで…。ちょっとがっかりです。
 桜も、わずかな期間のために維持するのにものすごく手間が掛かりますものね…。お金も掛かるのでしょう。大変です…。

 

憲法記念日は駅伝

 5月3日と言えば、憲法記念日ですね。
 憲法記念日といえば、駅伝ですね。

 …。
 ここまでの論理展開に何らの疑問を持たなかった方は、なかなかの下北半島ツウだと思うのです。
 冷静になって、よーく考えてみると…。
 憲法記念日と駅伝の間に、何らの関係は、ないのですよね…。一般的にはね…。
 ですので。他から来た人にとっては、もう、違和感ありありなのでしょう…。
 そんな感じで色々考えていくと…。いちばん最初に「憲法記念日か。じゃあ、駅伝をしよう!」と思い立った人が少なくとも1人は居る、ということですよね。その方、とても偉いと思います。素晴らしい。
 そんなこんなで、私が幼少の頃にはもう憲法記念日の駅伝は風物詩になっていましたし、ものごとが定着するって素晴らしい、と思います…。

 今でこそ運動公園のスタートと運動公園のゴール(男子については)なのでしょうけれども、昔、スタート地点は違っていましたよね。県道(今の国道338号線)を通行止めにして、水源池公園の近くの宇田で一斉にスタートしていましたものね…。
 えええ…あそこの道路を止めるのか…。川内・脇野沢方面に行くな来るなってことですよね…。当たり前ですが、当時は上のバイパスもなかったですし…。
 …。昔は、なかなかダイナミックであったんだな、と思いました…。

 そんなこんなで、憲法記念日は、駅伝です。
 中学生など、駅伝の応援のため全校出校日となり…。連休が削られたわけですね…。今はどうなんでしょう。

 

景気の悪さよ

 いやあ。
 「このテーマで記事を書いたらいい感じにまとまりそう」という題材があったんですけれどもね。
 いい感じにまとまると同時に、このブログがきれいに激しく燃えそうな気がしましてね。
 なので、今日は黙っていることにしましょうか。どうにもこうにも。
 そんな感じで、まあ…。
 書きたいこともあるけれども、それなりに気を遣っていますよ、気を遣わなければならない。気を遣わされているんだ!
 ということにしましょう。

 そういうわけで…。
 …。何を書けばいいんですかね。
 まあ…。
 景気の話でも書きますか…。
 青森県のウェブサイトの深いところにある「景気ウォッチャー調査」のPDF(直リンクできるかどうかも不明)なんですけれどもね。
 今年の1月で、DIが47.3なのだそうです。青森県内では。
 では、下北ではいくらかというと…。37.5なのだそうで。
 えええ、こんなにも差が付くなんて…。
 …。これは、あからさまに、下北半島の景気が悪い! と、有意に言えそうな気もします。そして、実際に景気が悪い、という事になります。

 その「景気ウォッチャー調査」のPDFに行き着くまで、私の環境ではずいぶんとまあ、余計なブログが検索結果に出てきて、本当に難儀しました。そのブログ、「ヨシミ22歳のむつ市下北半島近辺で待ってる」って言うんですけれどもね。

 

潮干狩りはいつも雨

 今度の潮干狩りは29日なんですけれども、その日は雨の予報が出ているそうですね。
 ほら…。
 この時期って、どうしても降るんですよ、雨が。
 でもって、その雨は潮干狩りの日と重なるのですよ…。
 そしてさらに言わせてもらえれば、その日はけっこう寒いことが多いのですよ…。

 そのような感じのことを思っていましたが、皆さんしっかり最新の予報に目を通していただいて、そして当日潮干狩りの方は、風邪なんかひかないようにお気をつけください。

 この時期は天候が不安定ですよね。寒暖の差が大きかったりで。
 咲いた桜も散ってしまうんじゃないかと心配です。もっとも、今年の桜は見栄えがすごく悪いのですが…。
 やはり、花芽をかじる鳥のせいなんでしょうか。
 でも、こんなにも広範囲に例外なく影響が出ることって、あります…?
 …。まあ、私も素人ですし、わからないので黙っていましょう。

 そのようなわけで、もう4月もこんなところまで来てしまったのですね。びっくりです…。
 最近体調を崩している人を多く見かけるのですが、お気をつけて、ということで…。

 

院内感染でしたね

 今日は、そうですね。
 書いていいのかどうか、という話もありますし…。
 書いたのかどうか、忘れた、ということもあります…。
 なのでまあ、手短に。

 今年の1月下旬頃に、むつ総合病院に行ったんですよね。
 私も結構なポンコツですが、そんなにも重病なわけはないのでした。
 で。
 むつ総合病院からの帰宅後、翌日の夜に39℃を超える発熱がありまして。
 あわてて別の病院に行きましたら、「インフルエンザA型」という診断を受けました。
 どう見てもむつ総合病院でもらってきたとしか思えないのですよね…。他に心当たりが無い。
 そもそも、私はてっきり、むつ総合病院は元気な人しか行っちゃいけない病院だと思っていましたのでね…。人混みの中でものすごく長時間待たされることに対する体力も必要ですからね…。そういうのに耐えられる体力のある人が行くところなのでしょう。

 そんなこんなで。
 最近、また、今度は私の周囲でインフルエンザが流行っているような気がします。周囲っていってもエリアは広いですがね。
 今度こそは、インフルエンザに罹りませんように。春ですし。
 というわけで、経験則より、私の中の本能がむつ総合病院に近づくのを拒絶しています…。(1月は明確に動線を分けてほしかった/もちろん今も)

 

地域全体が貧乏

 最近、このいい感じの季節に思うんですけれどもね。
 景気が悪いなあ…と。
 心底、景気の悪さというものを感じます。
 一見すると、景気を悪くする要素のない春のように思えますけれども、それでも、ものすごく景気が悪いということを感じています…。どうしてこうなったのか…。
 まあ、仕方ないですよね。ここは下北半島。景気の悪さは真っ先にやってきて、景気のよい波は一番最後にやって来る。
 そんな感じですので、まあ…。
 これから全国的に景気が減退するのかな、とか、そういう事すら考えてしまっているところです。
 そのようなわけで…。
 仮に、お金を稼ぎたかったら、絶対にここに住むべきではない。それだけは強く訴えたいと思っているところです。
 もともと、このあたりは足を引っぱる人が異様に多い、という要因もありますし…。
 なによりも、「ここでどうやって稼ぐの?」という、根本的な問いを投げかけたいと思います…。色々、無理なんじゃないのかな、と思うのですよ。

 そのような感じで。まあ…。
 地域全体がますます貧乏になってきていますのでね。今後どうなってしまうのかな、という強い危惧を抱いているところです。