ヨシミ22歳のむつ市・下北半島近辺で待ってる

むつ市在住のヨシミ22歳は、以前、ネット界隈でそれなりに人気があったらしいですよ? 言い換えると、今は、人気が無いのです!

花粉がひどい

 気のせいじゃないと思うんですけれどもね。
 今年は、花粉がひどい…。
 どうにもこうにも、花粉が…。

 くしゃみは出るし、咳は出るし…。
 このご時世ですから、あらぬ誤解が…。
 どうにもこうにも!

 どうにかなりませんかね…。

 マスクも品薄ですし、そもそも、ここ3か月くらい売られているのを見たことがありません。
 花粉が…。ひどくても…我慢するしかないのか…。
 薬を飲むにしても、薬で完全に症状を抑え込めるとは思えませんし…。
 どうすればいいのか!

 場所によっては、とんでもなく飛んでいる気がする花粉。
 勝手な考え(感覚)ですけれども、山の中や杉林の多いところに行くと、あからさまに多いような感じです…。
 はっきり書くと、川内町では多いような気がします…。
 なんか、今年はすごい…。

 そんな感じで…。
 もう、ぐったりですよ。

 

世の中の動きがめまぐるしい

 世の中の動くスピードに、このブログの記事が追いつけなくなっているような、そんな昨今です。
 このブログもね。
 平時はね。
 「モスバーガー定点観測」とか、そういう感じの記事を上げていたこともあったんですよ…。本当ですよ、信じてくださいね…。
 いまは、どう考えても、世界中が緊急時で…。
 人類全体が試されているような、そんな状況ですのでね…。
 …。たいへんなことです…。

 でも、そんなたいへんなときの、年度初めだったんですよ、この前。
 年度初めって、どうしても市役所に行かなきゃいけないこともあるじゃないですか。
 行ったんですよ。
 すると…。
 ムチュランさんがいましてね…。
 …。
 ああ…そういえば、双子が生まれる予定だったんだ…!!!!
 ということを思い出しました。それまで、この世の中のよしなしごとのせいですっかり忘れていました。
 何かのセレモニーも行われておりましてね…。
 …。
 いいのではないでしょうか…。
 新型コロナウイルスがたいへんすぎて、ムチュランさんが癒しになってる感じ…。
 誰がこんな未来を想像出来たか…。

 

夏祭りの不安

 このブログには、1~2日分のネタストックがあって…。
 古い方から出していきますけれども…。
 昨日の更新は、志村けんさんの訃報にショックを受けたので、それを書かせてもらいまして…。

 今日の更新は
「夏祭り、出来るんでしょうか? もしかすると出来ないのかも。花火大会も、大湊ネブタも、田名部神社例大祭も、どうなんでしょう? 青森のねぶた祭などの開催の可否が一つの指標になるのでは?」
 という内容でお送りする予定だったんですけれどもね。

 3月のうちに、こんな記事が出ていましてね…。

青森ねぶた祭、中止を検討/8日正式決定

www.toonippo.co.jp

 …。ついに!

新型コロナウイルス感染拡大を受け、青森ねぶた祭実行委員会(奈良秀則実行委員長)が8月2日に開幕する今年の青森ねぶた祭(~8月7日)の中止を検討していることが31日午前、関係者への取材で分かった。4月8日に実行委員会を開き、正式決定する見通し。

 まあ、あれだけの人が集まるとね…。危ないですよね…。

 と、いうことは…?
 今年は、もしかすると何もない静かな夏になるのかも知れませんね…。
 仕方のないことです。

 

残念で…

 なんて言うんでしょうね…。
 少しだけ振り返りますけれども…。

志村けんさんの話

mutsu-shimokita.hatenablog.com

 この記事を書いた2月1日頃は…。
 まさかこんなことになるなんて、到底思いもしませんでした。
 それでも、2月というともう新型コロナウイルス肺炎についての情報がだいぶ出てきた頃だったんですけれどもね…。
 信じられない気持ちでいっぱいです。

 そして、上記記事の内容も、概ねわからないままになってしまいました。
 いつかむつ市にまた改めて来てくれるといいなあ、なんて思っていましたけれども、叶わないことに。

 幼少期のわたしを支えてくれた、本当に、他には無い存在でした。
 本当に本当に、残念です。
 心からご冥福をお祈りいたします。

 

年度末

 いやあ、年度末ですね。
 何から何まで慌ただしい感じです。
 外出する人が減ったはずなのに、それを補って余りあるくらいのクルマの混雑。
 そっちこっちに転勤する人も多いような、そんな感じです。

 転勤が多い。
 ってことは。
 新年度から、むつ市の人口がまた減る、ということであり…。
 …。どうなってしまうんでしょうね…。
 このまま行くと、わたしが老人になる頃には、むつ市の人口はいまの半分以下になるのでは…?
 …。わかりませんけれどもね!
 推計がもっと早いのか、遅いのかもわからない。

 人口減少のプロセスとして、聞いた話では、一時的に「市内中心部の人口が増える」ということなんだそうですよ。
 ってことは…。まさにいまのむつ市が…そんな感じ…?
 市の中心部に人が移ってきているよ、という話を聞いたことがあるのでね…。

 その分、市の中心から離れたところが空き家ばかりになっているはずですがね…。固定資産税が掛かるので取り壊すべきなんでしょうけれども、建物があった方が固定資産税が安い場合もあり、かつ、取り壊しに過分の費用を要することもあり…。
 …。わかりません!

 今後、一時的に人口が増えた市の中心部も、人口が減っていって…という感じになるのでしょう。どうにもこうにも。
 あんまり言いたくないですけれども。
 市役所もね。「RFSから巻き上げたお金でスキー場のリフトを取り替えるよ」、なんて言っているうちは、あらゆることに対して一切期待することが出来ません。さすがに失望した。馬鹿じゃなかろうか。
 利益を受ける人が多い事業を先に持ってくるのが常道でしょう?

 

様々な中止

 以前から書いていますが…。
 この春の行楽シーズンの様々なイベントについてです。

 芦崎湾の潮干狩り、中止。
 むつ桜まつり、中止。
 憲法記念駅伝、中止。
 新緑そば街道まつり、中止。
 菜の花フェスティバル、中止。

 …。
 逆に、なにか行われるイベントがあるとすれば聞きたいところです。

(公社)むつ市観光協会

blog.livedoor.jp

 「ミスおしまこ」の募集はやるとのことですので…。気になる方は是非…。

 これは本当に大変で…。
 飲食店とか、大丈夫なのでしょうか…。
 ダメになるところもでてくるように思えます。

 そもそも、私自身大丈夫かと問われると、一切自信がありません。
 ダメかも知れないですね…。

 

家で過ごす

 皆さん、家でお過ごしでしょうか。

 何かこう、気晴らしのようなものがほしい昨今ですけれども…。
 う~ん、なかなかないですかね…。
 案外ない! というふうに思ってしまいますねえ…。

 書籍を買ってもいいかも知れませんけれども、そもそも…。
 注文して買うのもどうかと思うので…。
 買いに出掛けるのも問題でしょうし…。(※むつ市ではまだ大丈夫のはず)
 家にある本を読むことになると思うんですけれども…。
 ここへ来ると、あまり、こう…。
 本棚が充実していない、ということがばれてしまいますねえ…。

 なにか面白い本があればいいんですけれども、この前の大片付けで、全部廃棄してしまった…。
 でも、家の床が抜けるよりはいい選択だったとは思うのです…。そんなものですよね…。

 こういうときは、創作をするといい、と誰かが言っていたような。
 でもね。
 もう、いろんなものが作れなくなって何年も経ちますのでね…。
 本当に難しいものです。

 でも、創作、創作ね。
 うーん…。